カミソリ処理でもポイントを抑えるべし

どちらかというと毛深い体質で、中学生くらいのころから自分でムダ毛の処理をしてきました。

 

そのころと言えばカミソリか毛抜きしかなかったので、その二つを使って、今思えばかなり乱暴な処理をしてしまったと思います。

 

今は脱毛サロンが一般的になっているし、クリニックの永久脱毛だってかなり安いので、現代の女子は本当に恵まれている環境でいいなと思います。

 

私が行った自己処理方法は他に脱毛クリームや脱毛テープなどでしたが、この二つは一気にある程度の範囲が処理出来るというメリットはあるものの、肌にはかなりのダメージで、赤みや痒みが猛烈に襲ってくるので自分には合わないと思い一度きりでやめました。

 

結局一番自分に合っているのは本当にシンプルなカミソリ処理だという事に落ち着いているのですが、ただ、処理をする間隔をある程度あけたり、使用するカミソリは女性用の電気シェーバーにしたり、処理前後に徹底した保湿ケアをするなど色々な段階で気を使うようにしているので、カミソリ処理だからと言って肌を傷つけていることはないと思います。

 

加えて年齢とともに毛が生えてくるスピードも遅くなっているし、何よりそんなに素肌をさらすようなファッションもしないので、適度に肌を休める期間を設けることは、どんな脱毛方法を取るにしても大切なことではないでしょうか。

 

実は年を重ねていくとともにかなり肌質が変わってきて、とても敏感肌になってしまったのです。

 

乾燥はもちろんのこと、普通のカミソリを肌に当てるとかなり赤くなり、痒くなってしまうことが度々になり、女性用の少しお高いカミソリを使っても同じだったので、色々と調べた結果電気シェーバーに行きついたのです。

 

電気シェーバーって男性のシェーバーのイメージが強くてパワフルそうで使うのが怖かったのですが、女性の肌用に開発されているものは普通のカミソリを使うよりも肌に優しいそうで、特に肌に当てる前にクリームなどを塗らなくても良いところも気に入っています。

 

電池さえあればよほどのことがない限りつぶれることもないし、刃こぼれをすることもないので、逆にとても経済的になっている気がします。

 

私は処理後の保湿ケアでは顔用のオールインワンゲルを使うようにしています。

 

ゲルは別に高いものでなくても良いので、大容量入っているものを惜しみなく処理をしたところにべたべたと塗りたくっておくだけで、肌荒れをしてしまうこともありません。

 

オールインワンゲルには保湿成分が凝縮されているので肌の黒ずみ予防にも効果的で、カミソリ処理を繰り返した後の色素沈着も回避できます。

 

何より一つ塗るだけで完璧な保湿ケアが出来る優れモノなので、ボディも顔と同じケアが出来ることを考えるとかなりきちんとケアできている気がしています。

 

ゲルはプルンとしたひんやり感もあるので、処理後の肌をクールダウンさせるにも良いし、ひじやひざ、かかとに塗っても肌が滑らかになるのでお勧めです。

 

ムダ毛が気になる部分は脇や腕、脚だけなので、電気シェーバーがあればだれかに頼まなくても綺麗に処理できます。

 

デリケートゾーンに関してはいわゆるVラインだけしかしていませんが、ショーツからでなければと思っていて、アンダーヘアがある程度伸びてきたらはさみでカットして、生えている範囲を少し狭めたいときだけ電気シェーバーで剃っています。

 

電気シェーバーを使うようになってうっかり肌を切ってしまうトラブルもなくなったし、本当に使い勝手の良いアイテムだと思っています。

 

顔そりももちろんこのシェーバーで気が付いたときにする感じなので、全身これ一本でまかなえているので一本あるととても便利だと思いますね。

 

2018年11月22日 カミソリ処理でもポイントを抑えるべし はコメントを受け付けていません。 敏感肌の毛処理