毛深いことがコンプレックスな私のムダ毛処理方法

私は幼い頃から、自身のムダ毛がやたら濃いのではとコンプレックスでした。

 

着たいと思っていたファッションも、ムダ毛が気になってなかなか、楽しめないし勇気が出ません。

 

好きな人がいても、ムダ毛が気になってしまったりと、自分自身の自信がなくなるほど、ムダ毛がとても大きなコンプレックスで過ごしてきました。

 

エステや美容外科等での永久脱毛も考えましたが、自分以外の他人にムダ毛を見せるのも恥ずかしいと思ってしまう私がいます。

 

そのため、どうにかして自宅で処理する方法を試してきました。

 

まずは豆乳ローションでした。

 

私が中学生のとき、豆乳ローションが流行りはじめました。

 

自宅で作れるものなので、母親と一緒に豆乳ローションを作り、お風呂あがりに全身に塗りまくりました。

 

しかし結果から言うと、全然効果があったのかは分かりません。

 

目に見えて分かるような脱毛効果はないので、ムダ毛が果たして薄くなってきたのかどうなのか。

 

次にソイエの脱毛器を使用しました。

 

CMの「きれいなお姉さんは好きですか?」というのを見て、私も根元から簡単に抜いてしまいたいと思い購入しました。

 

これは正直言ってとっても痛いです。

 

やるときに歯を食いしばって心して取りかからないといけません。

 

そして肌は鳥肌になってしまいます。

 

そりゃムダ毛を根元から急に引き抜いているのですから、痛いし毛穴が盛り上がります。

 

しかし、毛が抜けているので次の毛が生えてくるまで時間があります

 

簡単にカミソリで剃ると、チクチクした肌触りが気になってしまうし、すぐに生えてくるので嫌でした。

 

だからそれよりは、この脱毛器でのムダ毛処理は良かったかもしれません。

 

けど、しばらくすれば生えてくるものは生えてきます。

 

どうしようもありませんよね。

 

次に除毛クリームを試してみました。

 

モデルさんたちからも人気があるという商品があったので、試しに購入してみました。

 

塗りやすく香りもキツくなく使い勝手はよかったのですが、これはあくまで除毛クリームであって、またすぐに生えてきます。

 

だから私にとってはイマイチでした。

 

それで最近人気のブラジリアンワックスを購入しました。

 

これは正直興味本位で買ってのですが、失敗でした。

 

ベトベトするし、熱いし、痛いし、やりにくいです。

 

プロにやってもらうのなら良いかもしれませんが、素人が急にやるには難しい方法でした。

 

そこで、思い切って自宅で出来るレーザー脱毛器を購入しました。

 

値段はそこそこしますが、エステに行くのも恥ずかしいので、自宅で自分でレーザー脱毛できるというのは、私にとってとってもありがたいアイテムでした。

 

しかし、気長にやらなくてはいけません。

 

レーザーが出るまで数秒かかるので全身レーザー脱毛処理しようとすると、それなりの時間がかかるものです。

 

また、すぐに毛が抜けるというわけではなく、レーザー脱毛処理すると、処理された毛が知らない間になくなっていきます。

 

もしくはチリチリっと焼けたようになります。

 

処理されるとあまり次から生えてきません。

 

しかし、即効性があるわけではないので、気長に気長に取り組んで、繰り返し繰り返し根気よく処理し続けなくてはいけません。

 

自宅で自分でやるので、ついうっかり時期が空いてしまったり、冬場になると寒いしあまり目につかないため、疎かになってしまったりするものです。

 

そこでネットで口コミ人気があるパイナップルローションというものがあり、試しに買ってみました。

 

これまた豆乳ローションと同様、即効性があるわけではないのですが、レーザー脱毛しにくい顔などに優しく塗ることが出来るので好印象です。

 

またパイナップルの甘くて優しい香りが気に入っています。

 

さまざまな方法を試してきましたが、そのかいあってか何年ムダ毛は薄くなってきた印象です。

 

時間がない!そんあ私が試したセルフ処理2種類

まだ子供が小さいため、脱毛サロンに行くために子供を誰かに預ける訳にもいかず、ムダ毛の処理は家でセルフ処理をすることにしました。

 

ですが、妊娠前までは脱毛サロンでプロに脱毛をしてもらっていた私は「一体どのセルフ処理が良いのだろう」と全くと言って良い程セルフ処理の知識がなかったのです。

 

そこでまず試してみたのが、セルフ処理の王道とも呼ばれる「剃刀」での脱毛です。

 

剃刀であれば、100円均一ショップにもありますし、何か薬品を使う訳でもないので肌トラブルもないと思ったのです。

 

実際に剃刀で処理をしてみると、思っていたとおり肌荒れすることもなく処理ができました。

 

ですが気になったのが、剃った後の断面が黒いツブツブのように肌に残ってしまったことです。

ムダ毛処理

特に腕の部分にブツブツが多く「これではノースリーブが着れない!」と仕上がりにショックを受けてしまいました。

 

元から肌の色が白い方なので余計目立ってしまったのでしょう。

 

しかも、処理から少し経つと処理した部分が剃刀を滑らせた形でそのまま赤くなってしまって痛々しい見た目になってしまいました。

 

少し敏感肌だからと処理の後にはいつもスキンケアに使っている化粧水と乳液を塗っておいたのに意味が無かったようです。

 

それから半日程度は赤みが残ってしまったので、ファンデーションで誤魔化してなんとは過ごしましたが、赤いのが見えていないか心配で仕方ありませんでした。

 

「お金もかからないし楽で良かったのにな」と剃刀での処理の結果を残念に思っていると、友人から「除毛クリームが良いよ」とすすめられました

 

ですが、除毛クリームこそ薬品を使った処理なので肌に悪いのではないかと不安だった私は「肌が弱いから」と断りました。

 

ですが「最近では敏感肌の人ように敏感肌用もあるよ。

 

肌への刺激が抑えられているようなのだけど、除毛の効果はきちんとある」と言われたので、そんな商品があるのであれば試してみようと思ったのです。

 

敏感肌用の除毛クリームはドラッグストアで簡単に見つけることができ、価格も1000円いかないくらいでした。

 

使い方も簡単で、除毛したい部分にクリームを塗り、一定時間放置するだけです。

 

時間が経てば洗い流して、後はいつも通りにボディソープで体を洗うだけでした。

 

事前に上手く除毛するコツをインターネットで調べていたので「肌トラブル回避のためにも時間は絶対に守ること」、「除毛ができていない部分ができないように、クリームは惜しむことなくたっぷりと塗ること」の2点を守って実践しました。

 

私が買った除毛クリームには塗りやすいようにハケのようなものがついていたので塗りやすかったですね。

 

ただ、独特に匂いが少し気になりました。

 

塗り終わって放置時間も終わり、いざ洗い流してみて驚いたのが「残っている部分がところどころあること」でした。

 

せっかくクリームをまんべんなく塗ったのにと残念に思っていると、ボディソープで洗った後に見てみると残っていた部分も綺麗になくなっていました。

 

調べてみると、除毛クリームを塗って洗い流しても少しの間はちょっとずつ毛が抜けたりするのだとか。

 

薬の効果にタイムラグがあったのかななんて思いながら念のために2回ボディソープで洗ってみると、除毛クリームを塗ったところは全て綺麗に処理できていたのでほっとしました。

 

剃刀の時のように黒いツブツブも残りませんでしたし、何より肌荒れをすることがありませんでした。

 

処理が終わって少しの間は「まだ後から肌荒れするのでは」と思っていたのですが、後から荒れることもありませんでした。

 

また、根本部分から処理をするためかムダ毛が伸びてくるのも遅くなったように感じました。

 

大満足な結果でしたね。